グループステージの対戦で、日本の優勝を目指しましょう

24日、2018 FIFA ワールドカップ ロシアのグループステージ第2戦で日本代表はセネガル代表と対戦しました。試合は前後半で1失点を喫するも、乾貴士と本田圭佑のゴールで同点に追いついました。

日本代表vsセネガル代表

1失点目を振り返り、川島永嗣は「完全に自分のミスです。目の前が気になりすぎてしまった」と語りました。前半、川島はシュートをパンチングすると、ゴール前に詰めていたサディオ・マネに当たり、ボールはゴールへと吸い込まれてしまいました。

それでも、2度のビハインドから勝ち点1を勝ち取ったチームについて、「コロンビア戦もそうですけど、チームが一丸となった結果だと思います。厳しい状況の中でもこういう結果につながったので、チームメイトに感謝します」と話しました。

最後に「コロンビア戦に続いて、ゲームの内容でも自信を得られたと思います。次はまた結果が大事なので、次に向けて切り替えたいと思います」と、28日のポーランド戦へ意気込みを述べました。

大迫勇也は得点こそならなかったが、最前線で体を張ったプレーで奮闘しました。「僕が戦うことでチームは生きると思ったので、やり続けました。相手はすごく大きくて重かった。なかなか僕自身がゴールに向かうプレーは少なかったですけど、その中でも少なからずチームの力になれたと思います」と胸を張りました。

日本は1勝1分けの勝ち点「4」となり、2大会ぶりのグループステージ突破に一歩前進しました。日本代表のファン・サポーターに向けて「皆さんの声援は力になります。最終戦、僕らは全力を尽くして突破できるように頑張るので、応援よろしくお願いします」とメッセージを送ってくれました。

グループステージ最終戦は28日(木)23時から2試合同時キックオフです。日本はポーランドに勝利、または引き分けで2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出が決定します。仮に日本が敗れたとしてもセネガル対コロンビアの一戦でセネガルが勝利すれば突破できます。同一戦が引き分けの場合はコロンビアとの得失点差で日本が敗退します。コロンビアが勝利した場合はセネガルとの得失点差勝負となります。

こちらは日本最大級サッカーユニフォーム激安通販店です。2018ワールドカップに向けて、日本代表を始め、アルゼンチン代表やドイツ代表などの多くの代表サッカーユニフォームが全部揃えております。歴代のサッカーユニフォームや各国代表18-19最新ユニフォームも豊富に並べています。もし、サッカー日本代表ファンなら、ぜひご利用ください!